Excel フィルタリングはグリッドのフィルタリング機能を拡張し、列のカスタム フィルターを設定して、一意の値によってフィルターできます。
サンプルの表示 

 

複数列のフッターを使用すると、フッター領域および表示ラベルをカスタマイズできます。この機能は、グリッドの列集計機能と共に使用できます。
サンプルの表示 

 

カテゴリでデータ列を構成できます。データのレイアウトをカスタマイズするには、WebHierarchicalDataGrid で列グループを作成します。
サンプルの表示 

 

新しく追加されたセル結合機能は、階層グリッドでセル結合が可能となります。このサンプルでは、データをグループ化する際のセルの結合機能について紹介します。
サンプルの表示 

 

WebDataGrid に基づいて、Pay To Play モデルなどの機能を継承します。
サンプルの表示 

 

ユーザーが列ヘッダーをグループ化領域にドラッグ アンド ドロップすると、行を値または条件に基づいてグループ化することができます。
サンプルの表示 

 

WebHierarchicalDataGrid によって、1 つの親子関係だけではなく任意の関係も使用することができます。また、データキーによって任意の関係を設定することも可能です。自己参照データの表示も可能です。
サンプルの表示 

 

データ レコードの 1 つまたは複数の選択、永続化、行フィルタリング、列値の並べ替え、列集計などによって、アプリケーションでユーザーに表示する情報によりビジネス インテリジェンスを向上することが可能です。
サンプルの表示 

 

階層データの編集が簡単です: 1 つのキーで行の削除、行の追加、エディターの自動検出に対応します。
サンプルの表示