Excel フィルタリングはグリッドのフィルタリング機能を拡張し、列のカスタム フィルターを設定して、一意の値によってフィルターできます。
サンプルの表示 

 

複数列のフッターを使用すると、フッター領域および表示ラベルをカスタマイズできます。この機能は、グリッドの列集計機能と共に使用できます。
サンプルの表示 

 

複数列のヘッダーおよび列固定の機能を統合により、データ視覚化の柔軟性が高まりました。列を左側または右側に移動するか、固定する場合、複数レベルのヘッダーを作成できます。
サンプルの表示 

 

ユーザーはデータがデータ ストアにコミットされるタイミングを決めることができます。コミットされるまでグリッドのクライアント側一時保存領域にユーザーの更新を保持します。この機能によって、入力が頻繁に行われるアプリケーションでサーバーとのやり取りが減ることによって、ユーザー データに対するビジネスやデータや入力検証を 1 回の要求で処理できます。
サンプルの表示 

 

ユーザーがグリッドを並べ替えたときに、同じ値があるセルが結合されるため、複数行のセルがグループ化表示されます。
サンプルの表示 

ASP.Net Data Grid セル結合機能の画像 
 

グリッドは最適なパフォーマンスのために自動的に構成されます。WebDataGrid の有効な機能のみの JavaScript および HTML をブラウザーに送信します。
サンプルの表示 

.NET コレクションにデータ バインドすると、グリッドが自動的にデータ ソースから行や列を作成することができます。グリッドも SQLDataSource、LinqDataSource、AccessDataSource、EntityDataSource、および AccessDataSource コントロールにバインドすることができます。
サンプルの表示 

 

グリッドは、列移動、列固定、列のサイズ変更、並べ替え、ページング、フィルタリング、キーボード ナビゲーション、編集、行集計などの一般的な表計算操作をサポートします。
サンプルの表示 

 

グリッドのパフォーマンスを向上するには、仮想スクロールを有効にします。そうすると、スクロールするときに、グリッドのビュー ポートで表示されるデータのみをサーバーから取得するため、読み込む時間を減らします。
サンプルの表示 

 

列のデータ タイプと一致するカスタム エディターを含むテンプレートでセル内にデータを入力します。行の追加および削除を有効にすることも可能です。ユーザーがグリッドでデータを入力するときに、リアルタイムの検証を実行することができます。
サンプルの表示 

 

WebExcelExporter を使用すると、コードの 1 つの行でグリッドのデータを Excel ファイルにエクスポートすることが可能です。
サンプルの表示 

 

 

表示されている情報のレイアウトをカスタマイズするために、WebDataGrid で列グループを作成します。
サンプルの表示